ここから本文です

コスタ移籍必至のチェルシー、次に狙うはプレミアを代表するストライカーか

7/18(火) 15:17配信

theWORLD(ザ・ワールド)

獲得困難との報道も

チェルシーの現ストライカーはジエゴ・コスタであるが、同選手はアトレティコ・マドリードへの復帰を希望しており、今夏中の移籍は避けられそうにない。そのためチェルシーは、代わりとなるストライカー獲得が最優先事項となっている。

これまではレアル・マドリードのアルバロ・モラタや、ドルトムントのピエール・エメリク・オバメヤンが候補に挙がっていた。そして今回新たに名前が浮上したのが、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロだ。

英『METRO』は、プレミアを代表するストライカーに乗り換えたと報じ、チェルシーが本格的に獲得しに行くのではないかという。同選手はシティのストライカーであることは間違いないが、ガブリエウ・ジェズスなど若手の台頭により立場が危うくなっている。また、アレクシス・サンチェス獲得の噂もあり、これまでのような生活は送れないだろうと見ている。

それに対して英『INDEPENDENT』は、シティにアグエロを売る気はないと報じている。ペップ・グアルディオラ監督の下、改革を進めるシティだが、今夏中にライバルへ明け渡さないだろうという。少なくとももう1年は残し、2018年W杯後に快く移籍させるつもりではないのと見ている。

ロメル・ルカクの獲得に失敗したチェルシーは、すぐにでもストライカーを獲得したい。アグエロに対して2つの見方があるが、果たしてチェルシーは同選手獲得に本格的に乗り出すのだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp