ここから本文です

広島が2回に一挙5点先制 阪神の「中堅・西岡」は懸命ダイブも…

7/18(火) 18:47配信

Full-Count

石原が先制打、田中&菊池が2点タイムリー

 広島が18日、敵地・阪神戦で2回に一挙5点を先制した。

 この回先頭の鈴木は三ゴロに倒れるも、松山は阪神岩貞からセンター前ヒットで出塁。エルドレッドはライト前ヒットで一、三塁とすると、安部は四球で満塁に。続く石原はセンターへフラフラと上がるフライ。この日、「1番・中堅」で先発していた西岡が懸命にチャージし、スライディングキャッチを試みるも、ボールはいったんはグラブに入りながら、こぼれ出す。三塁走者の松山が先制のホームを踏んだ。

 ピッチャーの大瀬良は空振り三振に倒れたが、田中はレフトへ2点タイムリー。続く菊池もタイムリーツーベースを放ち、さらに2者が生還して5点をもぎ取った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/18(火) 18:55
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 7:40