ここから本文です

中国公船 青森沖で領海侵入 福岡でも

7/18(火) 8:10配信

ホウドウキョク

17日、中国の公船2隻が、青森県沖で日本の領海内に一時侵入した。
この海域で、領海内への侵入が確認されたのは初めてで、この2隻は7月15日にも、福岡県沖で日本の領海に侵入していた。
第2管区海上保安本部によると、17日午前8時すぎ、青森県艫作埼沖の日本の領海に、中国公船2隻が侵入するのを、海上保安庁の巡視船が確認し、無線で領海から出るよう呼びかけ、監視を続けていたところ、中国公船はおよそ1時間30分後に、領海を出た。
しかし、それからおよそ2時間後の午前11時45分ごろ、同じ中国公船が、再び青森県龍飛埼沖の領海に侵入し、2隻はおよそ3時間半後に、尻屋崎の北東の沖合で、領海を出た。
この海域で、中国公船の日本の領海内への侵入が確認されたのは、初めてのこととなる。
この2隻は、7月15日には、福岡県の沖ノ島沖の日本の領海に侵入し、うち1隻は、長崎県の対馬沖の日本の領海にも侵入していた。

画像つきで記事をみる

仙台放送/FNN

最終更新:7/18(火) 8:10
ホウドウキョク