ここから本文です

日韓合意に「適法ではない指示」

7/18(火) 8:12配信

ホウドウキョク

韓国の大統領府は、慰安婦問題をめぐる日韓合意などについて、「適法ではない指示」が含まれているとする文書を発見したと発表した。
韓国大統領府によると、文書は朴槿恵(パク・クネ)前政権時に作成されたもので、7月14日に、政務首席秘書官室のキャビネットで見つかった。
大統領府の報道官は、発見された1,361件のうちの254件を分析した結果、2015年の日韓合意や、旅客船のセウォル号の沈没事故などの対応について、「適法ではない指示が含まれている」と発表した。
しかし、どのような指示で、どのように違法なのかは、明らかにされていない。
日韓合意について、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「国民の大多数が、情緒的に受け入れられていない」と述べていて、文書の発見が、合意見直しの動きに影響を与えるか注目される。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/18(火) 8:12
ホウドウキョク