ここから本文です

神戸5人殺傷 首を切られ失血死

7/18(火) 8:15配信

ホウドウキョク

兵庫・神戸市北区で、高齢の男女5人が死傷した事件で、殺害された男性の死因は、首を切られたことによる、失血死だったことがわかった。
無職・竹島叶実(かなみ)容疑者(26)は16日、神戸市北区の自宅で、同居する祖父・南部達夫さん(83)を、金属バットや包丁で殺害した疑いで、17日に再逮捕された。
警察が、南部さんの遺体を司法解剖した結果、南部さんの死因は、右の頸(けい)動脈などを切られたことによる、失血死だったことがわかった。
また、南部さんの遺体には、首や胸などに複数の刺し傷があったほか、頭部などにも殴られた痕があったという。
竹島容疑者に追いかけられた人は「女性が(竹島容疑者に)追いかけられていた。ぱっと行くと、犯人が正面から来たので。無表情、威嚇するでもなく、声を上げるでもなく、じっとこっちを見て、向かってくるので、怖かった」と話した。
警察の調べに対し、竹島容疑者は黙秘していて、警察は殺害の動機などについても慎重に調べている。

画像つきで記事をみる

関西テレビ/FNN

最終更新:7/18(火) 8:15
ホウドウキョク