ここから本文です

菅長官「圧力重視方針変わらず」

7/18(火) 16:10配信

ホウドウキョク

圧力重視の方針に変わりはないとの考えを示した。
菅官房長官は、「日米韓は、北朝鮮が非核化に向けた真剣な対話に戻るために、最大限の圧力をかけるために引き続き協力する、このことで一致をいたしております」と述べた。
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、北朝鮮に対し、軍と赤十字の会談を申し入れたことについて、菅官房長官は18日の会見で、「矛盾しないと考えている」と述べ、6日の日米韓首脳会談で一致した北朝鮮への圧力重視の方針に変わりはないとの考えを示した。
また、韓国側の狙いについては、「離散家族再会や、軍事境界線上の敵対的行為を中止することを目的としたものだ」との受け止めを示したうえで、「わが国としては、対話と圧力、行動対行動の原則のもとに、関係国と緊密に連携をしながら、北朝鮮に対し、具体的な行動を強く求めていきたい」と、北朝鮮に圧力をかける方針に変わりはないとの立場を強調した。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/18(火) 16:10
ホウドウキョク