ここから本文です

サンマなど「適正な資源管理に一定の前進」

7/18(火) 20:43配信

ホウドウキョク

サンマやサバなどの、「適正な漁業資源管理に向けて、一定の前進」と評価した。
菅官房長官は「サンマとマサバの双方について、許可隻数の増加禁止に合意できたことは、適切な資源管理に向けて、一定の前進であると考えています」と述べた。
菅官房長官は18日、サンマの資源管理をめぐる、日本や中国、台湾などの国際会議で、資源管理の強化に向け、サンマ漁船を増やすことを禁止することが合意されたことについて、「適切な資源管理と違法漁業の根絶に向けた、一定の前進だ」と評価した。
その一方で、日本が国際会議で提案した、「漁獲枠」を設ける提案が見送られたことなどについて、「わが国の漁業者が、安定的に操業が確保できるよう、関係国、地域と協調し、対応していきたい」と今後の課題を指摘した。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/18(火) 20:43
ホウドウキョク