ここから本文です

「おぎおんさぁ」説明会

7/18(火) 12:18配信

MBC南日本放送

MBC南日本放送

鹿児島市の夏の風物詩「おぎおんさぁ」が、今月22日(土)と23日(日)に開催されるのを前に、説明会が開かれました。「おぎおんさぁ」は江戸時代から始まったといわれる祭りで、天文館を中心に行われる御所車や山車など、およそ3000人のご神幸行列や、神輿の練り歩きが見所です。今年は、宵祭のメイン会場が中央公園となり、22日午後5時から縁日コーナーやゆるキャラの相撲大会などが開かれます。これまで午後に行われていた本祭は、午前11時からになります。鹿児島市の高見馬場から朝日通りにかけての電車通りは、午前11時半から午後3時半まで歩行者天国になります。このほど、おぎおんさぁ振興会が会見を開き、今年の祭りの概要について説明しました。実行委員会では、2日間で延べ30万人の人出を見込んでいます。

MBC南日本放送 | 鹿児島

最終更新:7/18(火) 12:18
MBC南日本放送