ここから本文です

ピコ太郎さん登場、岸田外相と「SDGs」PR

7/18(火) 14:17配信

読売新聞

 【ニューヨーク=宮井寿光】岸田外相は17日午後(日本時間18日未明)、米ニューヨークの国連本部で開かれた「持続可能な開発目標(SDGs)」の閣僚会議で演説し、シリア難民への教育など「子供や若者」に焦点を当てた支援として、約2年間で10億ドル(約1100億円)規模を拠出すると表明した。

 SDGsは貧困、男女平等、気候変動など17分野で、2030年までに世界が達成するとした目標。15年に国連総会で採択された。会議には44か国が参加し、目標達成に向けた各国の取り組みを紹介した。岸田氏は日本政府として「『誰一人取り残さない』多様性と包摂性のある社会の実現」を目指すと強調した。

 会議後に国連で開かれた日本政府主催のイベントには「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で知られる歌手のピコ太郎さんが登場し、SDGsをPRするパフォーマンスを披露した。

最終更新:7/18(火) 14:34
読売新聞