ここから本文です

日本画家の中路融人さん死去…風景を情趣豊かに

7/18(火) 19:52配信

読売新聞

 日本画家で文化功労者の中路融人(なかじ・ゆうじん)さんが18日、ホジキンリンパ腫のため死去した。

 83歳だった。告別式は22日正午、京都市南区西九条池ノ内町60公益社南ブライトホール。喪主は妻、あさえさん。

 京都市生まれ。鋭い色彩感覚を生かしてテキスタイル・デザイナーとして活動する一方で、日本画家・山口華楊(かよう)に師事。琵琶湖周辺をはじめ日本の四季の風景を、情趣豊かに描いた。1997年に日本芸術院賞受賞、2001年に日本芸術院会員。12年に文化功労者に選ばれた。日展顧問も務めた。

最終更新:7/18(火) 19:53
読売新聞