ここから本文です

天蚕の繭取ったよ 富山市山田小

7/18(火) 16:40配信

北日本新聞

 富山市山田小学校3年生と障害者支援施設「あざみ園」の利用者ら約30人が18日、同市山田宿坊の同園で、カイコの野生種「ヤママユ」の繭を収穫した。

 同園では2013年から、ヤママユを育てており、利用者が繭を収穫して工芸品などを作っている。収穫は、利用者との交流や、自然に親しんでもらうことなどを目的に、同園が企画した。

 児童らは、ヤママユについての説明を受け、敷地内のクヌギ畑に入った。葉と葉の間に長さ4センチほどの緑色の繭を見つけ、はさみで丁寧に切り、籠(かご)に入れていった。

 小塚圭悟君(8)は「なかなか見つけられなくて難しかったけど、楽しかった」と笑顔を見せた。

北日本新聞社

最終更新:7/18(火) 16:45
北日本新聞