ここから本文です

電力会社「変更予定がない」は7割強、マイボイスコム調べ

7/18(火) 10:19配信

SUUMOジャーナル

マイボイスコム(株)(東京都千代田区)はこのたび、「電力・ガス自由化」に関する調査を実施した。調査時期は2017年6月1日~5日。調査方法はインターネット。回答数は10,923件。
それによると、電力自由化の認知率は96.7%。「内容まで詳しく知っている」が34.9%、「聞いたことがある程度」が61.8%。「内容まで詳しく知っている」は男性や高年代層で比率が高く、男性50代以上では約45%。「知らない」は、若年層で比率が高い。

一方、ガス自由化の認知率は91.3%。「内容まで詳しく知っている」が24.9%、「聞いたことがある程度」が66.4%。「内容まで詳しく知っている」は男性や高年代層で比率が高く、男性50代以上では3割強。「知らない」は若年層で比率が高く、10代4割弱、20代2割弱。

2016年4月の電力自由化後の電力会社の変更状況では、「電力会社の変更を検討していない・予定はない」が56.4%、「電力会社の変更を検討したが変更の予定はない・検討中」が16.5%と、変更予定がない人が7割強を占める。

「電力会社を変更した」は9.8%、「契約している電力会社で、料金プランを変更した」は4.3%、「電力会社や料金プランの変更を予定している」は3.9%。中国では、「契約している電力会社で、料金プランを変更した」が2割弱と他の地域より比率が高い。

電力会社を変更する予定がない人の理由には、「現在利用している会社に特に不満がない」(45.1%)、「変更してもメリットが感じられない」(31.0%)が上位2位。北陸・中部・中国では、「現在利用している会社に特に不満がない」の比率が高い傾向。

ニュース情報元:マイボイスコム(株)

ニュースSUUMO

最終更新:7/18(火) 10:19
SUUMOジャーナル

Yahoo!ニュースからのお知らせ