ここから本文です

水の事故を想定した潜水訓練が行われる 三重・松阪市

7/18(火) 19:41配信

メ〜テレ(名古屋テレビ)

メ~テレ(名古屋テレビ)

水の事故を想定した潜水訓練が、三重県松阪市で行われました。
訓練に参加したのは鳥羽海上保安部や松阪地区の消防組合の水難救助隊など19人です。酸素ボンベを背負った潜水士たちが海に潜り、水中に沈められたビンを探す訓練が行われました。第四管区海上保安本部によりますと、三重県と愛知県では2017年、5月末までに水難事故で計42人が亡くなっているということです。