ここから本文です

霧のシャワー ひんやり 金沢、小松で真夏日

7/18(火) 16:36配信

北國新聞社

 18日の石川県内は、最低気温が金沢25・9度など全11観測地点のうち7地点で熱帯夜を記録した。午前中から気温が上がり、正午までの最高気温は輪島30・5度、金沢、小松30・4度など真夏日を記録した。

 金沢市三口新町3丁目の末広保育園は18日、噴霧器を玄関に取り付け、園児がひんやりとした霧のシャワーを浴びて歓声を上げた。噴霧器は、送迎に来た保護者や園児に涼を感じてもらうため設置した。

 金沢地方気象台によると、県内は寒気を伴った気圧の谷の影響を受け、大気の状態が非常に不安定になり、夕方にかけて雨や雷雨となる所がある。

北國新聞社

最終更新:7/18(火) 16:36
北國新聞社