ここから本文です

9番ルカクが待望の初ゴール!ソルトレイクに辛勝の10人マンU「彼が今後もゴールを量産してくれる!」

7/18(火) 13:24配信

ゲキサカ

[7.17 PSM R・ソルトレイク1-2マンチェスター・U]

 アメリカツアー中のマンチェスター・ユナイテッドは17日、MLSのレアル・ソルトレイクとプレシーズンマッチを行い、2-1で勝利した。

 15日に行われたLAギャラクシー戦(5-2)からユナイテッドは、DFダレイ・ブリントとDFフィル・ジョーンズ、MFジェシー・リンガードを除く8人を変更。背番号9を継承したFWロメル・ルカクとDFビクトル・リンデレフ、MFポール・ポグバらがスタメンに名を連ねた。

 試合を動かしたのはソルトレイクだった。前半23分、MFジェフェルソン・サバリノのスルーパスでP・ジョーンズがMFルイス・シルバに裏を取られ、右足シュートを流し込まれた。それでもユナイテッドは29分、ルカクのパスをリンガードがダイレクトでつなぎ、MFヘンリク・ムヒタリアンがペナルティーアーク内から左足シュートを突き刺し、1-1と試合を振り出しに戻した。

 追いつかれたソルトレイクは前半31分に11人全員を入れ替え。大胆な交代策を講じたが、プレミアリーグの強豪クラブは動じなかった。38分、左サイドからムヒタリアンがGKとDFの間に絶妙なグラウンダーのクロスを入れると、ルカクが冷静に左足で沈め、2-1で逆転。ルカクが待望のユナイテッド初ゴールを決めた。これにはユナイテッド公式ツイッターも「ルカクは今後もユナイテッドのためにゴールを量産してくれる!」と今後の活躍に期待を寄せた。

 後半に入るとユナイテッドも11人全員を交代させ、LAギャラクシー戦で2ゴールのFWマーカス・ラッシュフォードやMFフアン・マタ、GKセルヒオ・ロメロらをピッチに送り出した。しかし、後半14分にマタが打撲により負傷交代。さらに23分に相手を後方から蹴ったとして、危険なプレーでMFアントニオ・バレンシアが一発退場となり、ユナイテッドは10人で残りの時間を戦うことになった。

 ユナイテッドは後半27分、ラッシュフォードのクロスにMFマルアン・フェライニが飛び込んだが、得意のヘディングで合わせることができない。40分には、PA手前でフェライニのパスを受けたFWアントニー・マルシャルに決定機が訪れたが、右足シュートはクロスバー上に外れてしまった。

 終了間際の後半アディショナルタイム1分には、ピンチの場面もGKロメロのファインセーブで耐え凌いだユナイテッド。数的不利ではあったが、2-1で辛くも勝利し、2連勝を飾った。

最終更新:7/20(木) 16:30
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合