ここから本文です

長瀬智也「ごめん、愛してる」2桁に上昇10・3%

7/18(火) 10:29配信

日刊スポーツ

 TBS系日曜劇場「ごめん、愛してる」(日曜午後9時)の16日第2話の平均視聴率が10・3%(関東地区)だったことが18日、ビデオリサーチの調べでわかった。初回は9・8%だった。

【写真】名探偵コナンのポーズで決める吉岡里帆

 同ドラマは、2004年に韓国KBSテレビで制作され、「冬のソナタ」をしのぐ29・2%の最高視聴率を記録、韓国ドラマ界の各賞を総なめにした作品のリメイク版。2つの三角関係が交差する切ない恋愛ドラマだ。TOKIO長瀬智也(38)が、19年ぶりに純粋なラブストーリーに挑戦する。長瀬が出会う運命の女性を演じるのは、連ドラのヒロイン初挑戦となる吉岡里帆(24)。前クールの「小さな巨人」も好調で、安定した視聴率が見込める日曜劇場枠。同枠では珍しい純愛ドラマが、どれだけ視聴者に支持されるのか、注目だ。

 第2話は、母親・麗子(大竹しのぶ)がサトル(坂口健太郎)を溺愛し、裕福な暮らしをしている姿を目の当たりにした律(長瀬智也)。ジャーナリストの加賀美(六角精児)は律の父親の正体と、麗子が律を捨てたいきさつを吹き込み、復讐をそそのかす。一方、ソウルで助けてもらった恩を返そうと考えていた凜華は、律にサトルの運転手の仕事を紹介する、という内容だった。

最終更新:7/18(火) 10:46
日刊スポーツ