ここから本文です

小沢一郎代表「はき違えている」安倍政権の権力批判

7/18(火) 10:13配信

日刊スポーツ

 自由党の小沢一郎代表は17日、自身の政治塾で講演し、安倍政権が権力の使い方を「はき違えている」として、痛烈に批判した。「人事であれ何であれ、権力をあからさまに使った政権は、戦後の自民党政権ではない」と指摘。「権力は国民の生活を守るために使うもの。自分の利害のために使うのはとんでもない発想だが、現実の政権は森友や加計の問題でも、安倍(晋三首相)さんの個人的な交友の問題だ」と述べた。「官僚も政治家も、言われるがまま。(政権の勢いが)下り坂になってきたと思ったら、ボチボチ言うやつが出てきたが遅い。意見があれば、もっと早く言えという話だ」と、首相にもの申せない自民党も批判した。

【写真】オードリーとバツサイン!小沢一郎氏

 次期衆院選の野党共闘については「新党がベストだが、難しければ既存政党が1つの傘のもとでやる『オリーブの木』しかない。選挙目当てといわれるが、民主主義で選挙のために皆が協力して、何が悪い」と、持論を述べた。

最終更新:7/18(火) 15:14
日刊スポーツ