ここから本文です

報徳学園が毎回得点で6回コールド勝ち/兵庫

7/18(火) 13:58配信

日刊スポーツ

<高校野球兵庫大会:報徳学園12-1竜野>◇18日◇3回戦◇ベイコム野球場

 報徳学園(兵庫)が6回コールド勝ちで竜野を下し、次戦にコマを進めた。

 序盤から着実に点を重ねた。初回、先頭の岡本蒼(そう)外野手(3年)が二塁への内野安打で出塁。三塁に進めた後、3番小園海斗内野手(2年)がきっちりと右犠飛を決め、先制した。2回には、無死二、三塁から7番池上颯(はやき)内野手(3年)の左中間への適時二塁打などで3点を追加。その後も5回を除いて毎回得点の計12得点。今春センバツ4強の実力を見せつけた。投げては今夏初先発となった津高弘樹投手(3年)が4回1安打無失点と試合を作り、先発の役目を果たした。

 大角健二監督(37)は「先制して良くやった。序盤の流れが効いた」とたたえた。

最終更新:7/18(火) 14:27
日刊スポーツ