ここから本文です

岡田准一の新しい三成像…家康の役所広司がたたえる

7/18(火) 19:19配信

日刊スポーツ

 V6岡田准一(36)主演映画「関ケ原」(原田真人監督、8月26日公開)完成披露イベントが18日、ららぽーと豊洲で行われた。

【写真】完成披露発表イベントに出席した有村架純

 イベントは屋外で行われたが、開始前に雨が降っており、冒頭のあいさつの際、岡田に続いてあいさつした有村架純(24)が「皆さん、雨、大丈夫でしたか?」と観客を気遣った。すると平岳大(42)、東出昌大(29)、伊藤歩(37)、滝藤賢一(40)も連続で、同じように雨を気遣うフレーズであいさつ。西岡徳馬(70)も「雨はやむように出来ています。関ケ原の前に雨もやんで霧も晴れて戦いが始まります」と、雨にちなんだあいさつをした。

 役所広司(61)は「主演の岡田くんに気遣いがないから」と岡田に突っ込んだ。岡田が「僕、言い直しましょうか?」と苦笑すると、役所は「V6にこのたび、入ることになりました役所です。豊洲というところに初めて来ました」とジョークで返した。14年の映画「蜩ノ記」(小泉堯史監督)で初共演した、2人の関係性を伺わせる掛け合いの後、役所は「岡田くんが汗水たらして頑張って、新しい三成像を作った。何度も発見があるのがいい映画…この映画は、そういう映画だと思う」と、主人公石田三成を演じた岡田をたたえた。

 「関ケ原」は作家・司馬遼太郎氏原作で66年に出版された、累計発行部数620万部のベストセラー小説を、原田監督が25年にわたって映画化を熱望し、実現した作品。岡田演じる石田三成と、役所演じる徳川家康の戦いを描く。【村上幸将】

最終更新:7/18(火) 22:51
日刊スポーツ