ここから本文です

愛らしい球体ドローンが国際宇宙ステーションで活躍--JAXAが映像公開

7/18(火) 11:14配信

CNET Japan

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が7月14日、国際宇宙ステーション(ISS)内で活動する愛らしい外観のカメラドローン「JEM自律移動型船内カメラ」、略して「Int-Ball(イントボール)」の撮影による映像を公開した。

 Int-Ballは、部品のすべてが3Dプリンティングによって製造されている。地球にいるクルーはこのドローンを通じて、宇宙にいるISS搭乗員と同じ視点から作業を確認できる。

 Int-Ballは、地上のクルーが遠隔操作できるが、自律的に移動することもできる。地上の管制官や研究者は、Int-Ballの映像をリアルタイムで確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:7/18(火) 11:14
CNET Japan