ここから本文です

<されど罪人は竜と踊る>ガガガ文庫のラノベがテレビアニメ化 10月にスタート

7/19(水) 12:00配信

まんたんウェブ

 「ガガガ文庫」(小学館)の浅井ラボさんのライトノベル「されど罪人は竜と踊る」がテレビアニメ化され、10月からTBS、BS-TBSで放送されることが19日、分かった。

【写真特集】ラノベのトレンド “なろう系”ブーム躍進を探る

 アニメは「とある魔術の禁書目録」などの錦織博さんが総監督、「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」などの花井宏和さんが監督を務め、「輪るピングドラム」などの伊神貴世さんがシリーズ構成を担当する。島崎信長さんが主人公・ガユスの声を演じ、細谷佳正さんが戦闘民族ドラッケン族のギギナを演じる。

 「されど罪人は竜と踊る」は、咒式(じゅしき)と呼ばれる技術が存在する世界を舞台に、不運を機転で乗り切るガユスと残酷な美貌の剣士・ギギナの戦いを描いている。

最終更新:7/19(水) 12:00
まんたんウェブ