ここから本文です

LAID BACK OCEAN 海の日ワンマンで1stアルバム発表とYAFUMIの役者挑戦を発表

7/19(水) 11:00配信

エキサイトミュージック

今年の2月から連続でリリースされたLAID BACK OCEANの新作群『RE:SOUZOU PROJECT 2』。最新曲の「Mr. Good Morning」では、PUNKでもピアノ・ロックでもない、新たなLAID BACK OCEANの誕生を高らかに宣言し、多くのファンから拍手で迎えられたことは記憶に新しい。

【この記事の関連画像をもっと見る】

その直後に敢行された『RE:SOUZOU 2 Tour』は、シアトリカルな要素を含むステージングから、ダイナミックにエネルギーを投射してくるスタイルへの変化が各地で大きな反響を呼びそのツアーファイナル、6度目を迎えた海の日限定ライブ『海のヒィィィィィィ2017』も、満員御礼状態に。

Backyard BabiesがオープニングSEとして爆音で流れる中、メンバーが登場すると会場は一気にヒート・アップ! 「7 SECONDS TIME BOMB」でライブをスタートさせると、「PUNK」「たましい売りの少年」「FIRE ARROW」と、一気にアップ曲を畳み掛ける。「映画観てるんじゃねーぞ! ぶちかます準備はできているか!」と客を煽るYAFUMIのMCもいつも以上の迫力だ。続く「イマワノ_ラヴ」では、恒例となった観客の支えのもと客席をビーチマットに乗ったまま移動するパフォーマンスの“原宿Ver.”としてドリンク・カウンターからクレープを持ち帰り、大いに客席を沸かせた。

終盤では彼ららしい悪戯心が詰まった「ザザエさんのうた(シャ○中バージョン)」や、定番曲「サーチライト」「カップラーメン ジェネレーション」に加え「正解や不正解、出来る、出来ないではなく、その間にあるもの、区別した瞬間に無くなってしまうようなものをロックバンドで表現したい」というYAFUMIが、今一番伝えたいメッセージを込めた新曲「Mr. Good Morning」でフロアの熱気も最高潮に!

そんな意志表明とともに、結成7年目にして待望の1stアルバムのリリースに向かうこと、9月からYAFUMIが気鋭の劇団コノエノ!の第2回公演作に新曲を提供し、ロックバンドのボーカル役として初の舞台に挑戦することも発表された。ステージで独特のカリスマティックな魅力を放つYAFUMIが演劇の舞台でどんな魅力を放つのか、こちらも注目だ。

今まで以上の自由さで活躍をファンに約束してくれたLAID BACK OCEAN。彼らと共に人生の答えを探す旅は、ここから始まる。
(取材・文/篠原 友)