ここから本文です

涼しくって栄養満点! 親子で簡単! 火を使わないで簡単『ボウルまぜメニュー』 ☆えくぼママの沖縄子育て☆

7/19(水) 7:00配信

琉球新報

昔に買った水着を着てみたら、胸元がパカパカしていて、度重なった授乳によるおっぱいの“ちぢみ”を痛感させられ凹んでおります、あざまるです。

本格的に夏到来ですね~。

キッチンに立ち、火を使うだけで汗がダラダラ・・・
食欲もわかない・・・でも栄養は取らなきゃ夏バテしてしまう・・・

そこで今日は親子で手軽に作れる『ボウルまぜメニュー』をご紹介~♫
夏の王道メニューなのでご存知の方もいらっしゃるかもですが、基本、混ぜるだけなので子どもでも手伝えますし、あまり火を使わないので少しは涼しい顔で作れるかなと・・・笑
何より家族みんなで食べられるので、夏の我が家の食卓では週に2、3回は登場するメニューです^^

ネバゴリ感がたまらない! 『ゴロまぜ納豆丼』
まず一つ目は『ゴロまぜ納豆丼』


トマト、きゅうり→コロコロカット(子どもが食べやすい大きさに)
ボウルにカットした野菜・納豆・ごま・海苔・花鰹を入れてまぜまぜ~~~ハイッ!完成!


子どもはそのままご飯にぶっかけて、大人は長芋やキムチをトッピング♫

赤と緑の色が鮮やかで、ネバネバ&ゴリゴリな食感が楽しいらしく、子どもたちもバクバク食べてくれます^^
夫に「私の作るご飯で一番何が美味しい?」と聞くと、この「納豆まぜまぜ丼~」と言われ、「他にはないのか~い!」とツッコんじゃいました。笑

 

子どももパクパク タイ風まぜまぜサラダ
二つ目は『タイ風まぜまぜサラダ』


にんじん、きゅうり→シリシリ~(蜂の巣でカット)
トマト、レタス、たまねぎ、目玉焼き→細長く切る
全部ボウルに突っ込んでポン酢を入れて、まぜまぜ~~~ハイッ!完成!


 

 

 
子どもはそのまま、大人は七味やレモン汁を絞ると本場タイっぽい味に♫
「サラダに目玉焼き?!」と思いますよね。

前に北谷のタイ料理屋さんに行ったらこんな感じのサラダがあって、名前は確か“ソムタムサラダ”でした。

本場のソムタムサラダはライムとか鷹の爪とか入ってて辛く、子どもたちには食べさせられなかったのですが、自宅に戻って自分なりにアレンジ。

ナンプラーとライムの代わりにポン酢を使うと、子どもたちでも食べられる味になり、夏の定番サラダになりました。



 

この二つのメニューは身体を冷やす食材がたくさん入っているので、温かい汁物と一緒に食べるとお腹の冷え過ぎ防止になりますよ^^
暑すぎる夏ですが、手軽な栄養ご飯を食べて乗り切っていきましょう~!

 
(えくぼママライター あざまる)

☆えくぼママの沖縄子育て☆ これまでの記事はこちらから

 


☆ プロフィル ☆

あざまる

えくぼの企画や取材なども、2歳と4歳の娘と一緒に活動中。

1番幸せな時間は、日曜の朝、布団の中でダラダラと家族でたわむれている時。

夢は子どもを5人産み育ててみること。

アイコンをクリックして「たいようのえくぼ」ページへ↓



 

 

 

琉球新報社

最終更新:7/19(水) 7:00
琉球新報