ここから本文です

【オーストラリア】豪国民幸福度調査、過去1年余りで最高

7/19(水) 11:30配信

NNA

 オーストラリアのナショナル・オーストラリア銀(NAB)が発表した今年4~6月期の国民幸福度調査によると、指数が過去1年余りで最高となった。全般的な幸福度が高いとはいえ、若い女性や独身者、労働者は将来に強い不安を感じている。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。
 NABの幸福度指数は昨年半ばから上昇基調が続き、今年1~3月期は64.9ポイントに達していた。今回の調査では、「将来に対する不安」が3年ぶりの低水準を記録した。背景には、富裕層に属する高齢者や既婚世帯で幸福感が強まっていることがある。不動産価格上昇の恩恵が及んでいることが原因のようだ。
 幸福度を年齢別で見ると50歳以上が高い。対照的に若者は低く、2013年以来の最低水準となった。国民全体の幸福度は上昇しているが、若者の幸福度は下落が続いているため50歳以上との格差が広がっている。
 また、地域別ではタスマニア州在住者が最も幸福度が高い半面、クイーンズランド州在住者が最も低かった。このほか、最も幸福な世帯は「家を2つ持ち、子供がいない」という結果だった。
 NABの調査は、17の項目について四半期ごとに2,000人を対象に行われている。

最終更新:7/19(水) 11:30
NNA