ここから本文です

クリープハイプ尾崎 くりぃむしちゅー有田主演ドラマ『わにとかげぎす』にドラマのキーマン役として出演

7/19(水) 12:15配信

エキサイトミュージック

本日7月19日(水)深夜23時56分にスタートする、くりぃむしちゅー・有田哲平の連続ドラマ初主演で話題のテッペン!水ドラ!!『わにとかげぎす』に、クリープハイプの尾崎世界観がキーマン役で出演していることが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

『わにとかげぎす』は、『行け!稲中卓球部』『ヒミズ』『ヒメアノ~ル』などで知られる漫画家・古谷実氏の連載6作目となる作品で、2006年から2007年にかけて講談社「ヤングマガジン」にて連載され、累計発行部数(紙と電子)が80万部の人気作品。有田哲平演じるショボクレ警備員の富岡ゆうじが“没な人生”にお別れするため「友達作り」に奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていくストーリーになっている。なお、古谷作品が連続ドラマ化されるのは今回が初めて。

『逃げるは恥だが役に立つ』や『コウノドリ』を手掛けた峠田浩(たわだゆたか)プロデューサーが最後の最後までこの重要な役どころの出演者を探しており、尾崎の歌声やラジオの声を聴きオファーしたという。尾崎世界観にしか出せない世界観がドラマにどのような効果をもたらすのか、放送を楽しみにしていよう。

■■尾崎世界観 コメント
貴重な体験でした。
いつも自分がやっていることなのに、いつも自分がやっていることだからこそ、正解がわからなくなって面白かったです。
この不安定さは、そのままドラマの内容にも当てはまるんじゃないか、と思います。
和やかで優しい現場の雰囲気を一切遮断した小さな部屋、その中に閉じこもって試行錯誤する時間は、とても大切な物でした。

■■プロデューサー・峠田浩氏 コメント
有田さん演じる富岡の未来を毎回登場して暗示する重要な役をクリープハイプの尾崎世界観さんに演じていただきました。
ドラマオリジナルの役です。
尾崎さんは古谷実さんの大ファンで気合い十分で撮影に入っていただきました。
監督からは「尾崎さんの世界観でお願いします」という指示のもと、ドラマオリジナルの役ということもあり、念入りに相談を繰り返しました。
初めてのドラマの現場ということで、最初は緊張されていましたが、こだわりを持って演じてくれて、独特の世界観を新たにドラマの世界に吹き込んでくれました。