ここから本文です

【ミャンマー】タイのトランスポート、国際バス乗入れ計画

7/19(水) 11:30配信

NNA

 タイで長距離バスを運行する国営トランスポートのチラサック社長は、ミャンマー、インドとをつなぐ路線に参入する計画を明らかにした。バンコクポスト電子版が18日伝えた。
 タイ北西部ターク県メソトからミャンマー側のカイン(旧カレン)州ミャワディを経由し、ミャンマー北西部ザガイン管区のタムを経てインド側のモレに至るルートを想定している。
 ベトナム中部のフエやダナンまでを結ぶ路線や、タイ南部からマレーシア、シンガポールに至る路線の運行も検討している。
 チラサック社長は「乗り入れ国の認可が必要」と説明。タイの陸運局と計画を協議し、タイの外務省、運輸省の承認を取った上で、相手国に計画を示す方針だ。
 ミャンマーなどを念頭に「少数民族(武装勢力)問題を抱える国もあり、安全確保も大きな課題だ」とも述べた。
 トランスポートは現在、15の国際路線バスを運行。うち13路線はタイとラオスを結んでいる。

最終更新:7/19(水) 11:30
NNA