ここから本文です

Da-iCEが「パイレーツ」4Dを体験!従来の200%の水を浴びて興奮

7/19(水) 20:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] ジョニー・デップ主演の人気シリーズ最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」(公開中)の4D体験会が7月18日、東京・ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われ、ダンス&ボーカルグループ「Da-iCE」の工藤大輝、岩岡徹、大野雄大、花村想太、和田颯が参加した。

 自由気ままな海賊ジャック・スパロウ(デップ)と、ジャックへの復しゅうに燃える“海の死神”サラザール(ハビエル・バルデム)が因縁の対決を繰り広げるシリーズ第5弾。日本では7月1日に公開され、累計観客動員287万人超、国内興行収入41億4500万円突破の大ヒット(共に7月17日時点)を記録している。

 ユナイテッドシネマが導入している「4DX」は、座席が動く、水や風が吹き出すなど10以上の演出が楽しめる体感型上映システム。本作では、通常のディズニー作品の4D上映の際と比べて水の量を200%に増量しているという。大量の水を浴びたメンバーは「水量200%って山手線の乗車率みたい! 大量の水しぶきがすごかったですよ」(大野)、「友だちとか、みんなと一緒に見に行って、びしょぬれになれるのがいいですね。夏にぴったりです!」(和田)と興奮をあらわにした。

 花村、工藤、岩岡は「想像よりも揺れがすごくて、アトラクション並みでびっくりしました!」(花村)、「映画は普段、静かに楽しむものだと思うんですが、この4Dに限っては『ワー! キャー!』と叫んでもいいのかなって、そう思えるくらい楽しかったですね」(工藤)、「僕は映画がすごく好きなので、映画館で見ることが映画の魅力を楽しむ方法だと思っているんですが、この4Dは今回のパイレーツの魅力をとても実感できました」と新たな鑑賞体験に目からうろこの様子を見せた。

最終更新:7/19(水) 20:00
映画.com