ここから本文です

菅田将暉、ディーン・フジオカらが出演。『Mステ』を定点観測したら今のJ-POPがわかる!

7/19(水) 18:20配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

音楽ブロガー・レジーが、「ミュージックステーション」の放送内容を基に最新のJ-POP事情についてお届けする連載「月刊 レジーのMステ定点観測」。[前編]ではMステだからこそ実現した尖ったコラボ企画についてお届けしましたが、[後編]ではこちらの話題からどうぞ。

【詳細】ミュージックビデオはこちら


■永遠のピュアネス:原田知世

30日の放送に出演した原田知世。ちょうどデビュー35周年を記念したアルバム『音楽と私』がリリースされたばかりですが、この日はその1曲目にも収録されている彼女の代表曲「時をかける少女」を披露しました。

原曲の良さを生かしながら今の時代向けにブラッシュアップされたこの曲は、まさに日本のクラシックと言っても差支えない楽曲のように思います。昨今の「シティポップ」などと呼ばれるムーブメントのなかではあまり参照されていない印象のある彼女ですが、この曲も松任谷由美によるものだったり、90年代にはスウェディッシュポップに接近したりするなど、実はそれぞれの時流に合わせてハイセンスなことをやっている存在。

『音楽と私』も若い音楽リスナーに広く聴かれるといいなと思っています。ちなみにこの「時をかける少女」、『FNS歌謡祭』や『MUSIC FAIR』といったフジテレビの音楽番組では欅坂46とのコラボで披露されていますが、その縁で原田知世のトーク時には隣に欅坂46の長澤ねると菅井友香が座っていました。ねるちゃんの「私長崎県出身で、原田知世さんと同郷で、そのときもすごく優しくお話しさせていただけたので、今回またこんなふうに共演できてうれしいです」というトークに対して「長崎出身なの。へぇ~」と何かを聞きたそうにしているタモリの様子が印象的でした。地理好きの血が急に騒いでしまったのか、それとも九州出身者同士の縁を感じてしまったのか……。

■人気俳優も歌う(1):菅田将暉

多数の男性ソロアーティストが出演した6月のMステ。2日に出演して亡き友人への想いを綴ったシリアスな楽曲「ノンフィクション」を歌った平井 堅、9日のMステで出世作となった「ひまわりの約束」をベスト盤リリースに合わせて披露した秦 基博、16日のMステで「英語に聞こえる日本語の歌」として話題をさらった「Natural Lips」をミュージックビデオ連動の演出でパフォーマンスした岡崎体育といった個性的な面々が登場しましたが、ここでは俳優でもありながら歌手活動も行うふたりについて取り上げたいと思います。

2日のMステに登場した菅田将暉。今年の1月には映画と連動したユニットのグリーンボーイズのメンバーとしてMステに出演していましたが、今回晴れてソロとしてMステ初出演となりました。

歌唱前のトークではタモリの「酉年(タモリ、菅田将暉ともに酉年の年男とのこと)はバタバタ働く」という投げかけから、「好奇心があるんです、寝ろって言ってるのに服作ったりするんですよ。明日5時だっていうのに3時くらいまで」とプライベートの過ごし方について言及。

ただ、そんなリラックスした雰囲気とは裏腹に本人は緊張していたようで、歌唱前には「ホントにこんな所にお邪魔させていただいて……一生懸命頑張ります」と神妙な面持ちで話しており、エンディングでも「すごい緊張しました。けど……楽しかったです、前回よりかは楽しめました」と素直な心境を吐露していました(「失礼しました」と小声で言っていたのも印象的でした)。

この日披露されたソロデビュー曲「見たこともない景色」は、BUMP OF CHICKENやRADWIMPS辺りにも通ずるロックど真ん中のサウンドが印象的な勢いのあるナンバー。凛々しい彼の声もそんな楽曲に合っています。……が、この日は自身の緊張ムードが反映されてしまったのか、ボーカルにはやや不安定な部分が目立ちました。「人気になった若手俳優が歌手デビューする」という最近あまり見られなかった展開で音楽シーンに登場した菅田将暉が今後ミュージシャンとしてどんな道を歩んでいくのか、そして今度はMステで自分が納得するパフォーマンスを見せることができるか注目したいところです。

■人気俳優も歌う(2):DEAN FUJIOKA

菅田将暉と同じく俳優としても人気があるなかでMステへの初登場を果たしたのが30日に出演したDEAN FUJIOKA。自身がインフルエンサーを務める『サタデーステーション』、『サンデーステーション』のエンディングテーマでもある「Unchained Melody」を披露しました。

トークではインドネシアにいる家族の話や今回の曲を作詞・作曲した際の想いを穏やかに語っていたディーンですが、パフォーマンスが始まると表情は一転。ダークななかに透き通った雰囲気のある楽曲に身を委ね、力強い歌声を聴かせてくれました。以前から音楽活動をしていただけあって、ステージ上での立ち振る舞いもすごく絵になります。

途中のラップパートを初めて聴いたときは「最近の流行に乗っかったか……?」と思ってしまったのですが、そもそも芸能の道に入ったきっかけが「香港のクラブでラップをしているところをスカウトされた」ということらしいので、結構年季が入っているんですね。まだまだ表現の幅がいろいろあるようなので、ぜひこれからもいろいろな側面を見せていっていただきたいです。

次回のMステは7月21日。2曲披露予定の桑田佳祐に注目です。それでは来月もよろしくお願いいたします!

【2017年6月2日放送分 出演アーティスト】
Little Glee Monster「だから、ひとりじゃない」
西島隆弘 & 宇野実彩子「Beauty and the Beast」
乃木坂46「スカイダイビング」
A.B.C-Z「テレパシーOne! Two! 」
平井 堅「ノンフィクション」
菅田将暉「見たこともない景色」

【2017年6月9日放送分 出演アーティスト】
AKB48「願いごとの持ち腐れ」
秦 基博「ひまわりの約束」
Kis-My-Ft2「PICK IT UP」
AI「最後は必ず正義が勝つ」
E-girls「Follow Me」「E.G. summer RIDER」「DANCE WITH ME NOW!」
KEYTALK「黄昏シンフォニー」
THE ORAL CIGARETTES「トナリアウ」

【2017年6月16日放送分 出演アーティスト】
GENERATIONS「空」
水谷千重子&春澪「抱いてフラ・フラ」
関ジャニ∞「今」
岡崎体育「Natural Lips」
MONDO GROSSO vocal by 満島ひかり「ラビリンス」
Dungeon Monsters「MONSTER VISION」

【2017年6月23日放送分 出演アーティスト】
ジャニーズWEST「おーさか☆愛・EYE・哀」
昆 夏美&山崎育三郎「美女と野獣」
ゆず「カナリア」
SEKAI NO OWARI「RAIN」
E-girls「Love ☆ Queen」
嵐「つなぐ」

【2017年6月30日放送分 出演アーティスト】
MUSIC STATION 2時間SP
欅坂46「不協和音」
TWICE「TT -Japanese ver.- 」
EXILE THE SECOND「Summer Lover」
Hey! Say! JUMP「Precious Girl」
関ジャニ∞「今」
DEAN FUJIOKA「Unchained Melody」
原田知世「時をかける少女」

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)