ここから本文です

【鈴鹿8耐 40周年記念トークショー】雨なら任せろ! 若手と5位以内を目指す…秋吉耕佑

7/19(水) 16:00配信

レスポンス

「8耐とは……、集大成」

鈴鹿8耐で過去3度優勝している秋吉耕佑選手(au&テルル・Kohara RT)はこう答えた。Hondaウエルカムプラザ(東京・青山)で7月17日(月・祝)に開催した『鈴鹿8耐 40周年記念トークショー』でのことだ。

[関連写真]

「昔から鈴鹿8耐やGPに憧れていましたし、自分もそういうところで走れるようになりたいなと思っていました。それで4時間耐久走って、6時間走って、(ついに96年に鈴鹿8耐に初出場し)こんなに厳しいところなんだと、簡単に成績を出せるところではないなと改めて知りました」(秋吉選手)

「(鈴鹿8耐には)速い人がいっぱいいて、ついていくのもやっとでしたし、どうやったら速くなれるんだろうって、そればっかり考えていたら、いつの間にか勝てる体制のチームに入ることができましたね」(秋吉選手)

そして、今年はMoto2ライダー長島哲太選手、スーパースポーツ世界選手権を走る大久保光選手といった若手と組んでの鈴鹿8耐参戦となる。

「やっぱりMoto2だったり、ワールドスーパーバイクだったりで乗っているので、スピードの感覚は速いんで、うまくタイムが出せるように繋げてあげたいなって思っています。まぁ、雨は任せろと言ってあります。チームベスト、5位以内はいきたいなって考えています」(秋吉選手)

「(若手の成長を感じながらチームを組んで走るという鈴鹿8耐は)やっぱり特殊ですね。自分だけでなんとかしようっていうレースではないので」(秋吉選手)

鈴鹿8耐での3度の優勝のうち、もっとも印象に残っているのは? という問いかけに対しては。

「勝ったレースはどれも印象深いですけれど、やっぱり伊藤(真一)さんと出たときの2011年ですね。清成選手が転んだあとのマシンを伊藤さんから受け継いで、よくこんなんで乗れるなぁって思いました。それで勝てたのがよかったです」(秋吉選手)


《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:7/20(木) 0:53
レスポンス