ここから本文です

寺嶋由芙 「夏色のナンシー」のカバーは私も楽しいし、ヲタクたちも嬉しそうなんです/インタビュー3

7/19(水) 23:45配信

エキサイトミュージック

 
■寺嶋由芙/New Single『わたしを旅行につれてって』インタビュー(3/4)

【この記事の関連画像をもっと見る】



ロート製薬さんありがとう、夏色のナンシー最高!

――レコーディングのときに気を付けたことはありますか?

寺嶋:“日本の夏の古き良き風景を歌っている内容です”といただいた歌詞なので、歌詞の通りに田舎のおばあちゃん家に行って、縁側で夜、涼みながらスイカを食べて花火を楽しむ……、みたいな感じを意識しました。実際に曲の中に花火の音も入れてもらっているので、「夏'n ON-DO」を聴いた人も同じ景色を浮かべてもらいたいです。

――お祭りに呼んでもらえるといいですね!

寺嶋:やりたいです! 町内会のお祭りなんかに、どんどん呼ばれたいです。

――カップリングには先ほど話に出た「夏色のナンシー」もありますが、この曲をカバーすることになったきっかけは?

寺嶋:ロート製薬のスキンアクア(R)という日焼け止めシリーズのCMで「夏色のナンシー」の替え歌を歌う仕事があったんです。そのことを発表したら、ヲタクのみんながすごく喜んでくれて。それこそ、前回のワンマンライブのアンコールのときに、その替え歌をヲタクたちが歌い出しちゃうくらい……。私にとっても大きな仕事だったし、ヲタクたちにとっても“ずっと応援していたアイドルがついにCMで歌を歌ったぞ”みたいな喜びがあって、ロート製薬さんありがとう、夏色のナンシー最高! みたいな空気で、これはもう次、カバーするしかないなと。

――どんな仕上がりになりました?

寺嶋:2017年バージョンのアレンジとして、かなり可愛い、キラキラした感じに生まれ変わっていると思います。今回はオリジナルにはない間奏部分を増やしてもらいました。そこで私は踊れるし、ヲタクたちは掛け声をかけれるようになっています。現代のアイドルの現場に合わせて進化していますね。

――80年代のアイドルソングって当時ならではの掛け声がありましたよね?

寺嶋:実はその部分をヲタクたちが忠実に再現してくれているんです。そこに加えて、今のヲタクのコールもあって、それは私も楽しいし、ヲタクたちも嬉しそうなんです。

――温故知新ですね。

寺嶋:古き良き時代から来たアイドルなので!

――それでは最後に読者の方に向けてメッセージをお願いします。

寺嶋:今回のシングルは3曲ともテーマが夏で、古き良き曲という部分も共通していますが、どの曲も雰囲気が違うので、この一枚を寺嶋由芙入門として聴いていただいて、私の好きな一面を見つけてもらえたらいいなと思います。