ここから本文です

【全日本】リー組VSビッグガンズ “3度目の正直”完全決着へ

7/19(水) 16:45配信

東スポWeb

 全日本プロレスは18日、28日の愛知・名古屋市露橋スポーツセンター大会で世界タッグ王者のジェイク・リー(28)、野村直矢(23)組がゼウス(35)、ボディガー(49)の「ビッグガンズ」を相手に初防衛戦を行うと発表した。

 リー、野村組は17日の後楽園大会でゼウス、ボディガー組を撃破し初のベルトを奪取した。今回はそのリマッチとなるが、その前に両チームは5月12日の守口大会でもタイトル戦を行いビッグガンズが勝利している。わずか2か月半の間で3度目の対戦になり、野村は「今度はビッグガンズがリマッチということ。(17日は)ボクらのリマッチを受けてくれたので。もう一度ビッグガンズを倒して完全勝利で終わりたい」ときっぱり。リーも「快くリマッチを受ける。これでベルトからビッグガンズの色を消します」と力強く話した。

 しかし、これまで3度同王座を獲得している筋肉コンビも負けてはいない。「まだまだこのベルトを巻くのは早いんじゃないか? 必ず取り戻したい」(ゼウス)、「まだまだ第一線から退くわけにはいかへん」(ボディガー)と、自慢の筋肉をピクつかせながらベルト奪還を誓った。

 若手コンビが抗争を完全決着させるか、それともベテランコンビが時代を取り戻すのか。

最終更新:7/19(水) 16:45
東スポWeb