ここから本文です

【ゼロワン】将軍岡本が「火祭り」制覇にかける思いを激白

7/19(水) 16:45配信

東スポWeb

 元はぐれIGF軍団の将軍岡本(33)が18日、ゼロワン真夏の祭典「火祭り」制覇にかける思いを激白した。

 2度目の出場となる今大会は初戦(9日、名古屋)で前世界ヘビー級王者・佐藤耕平(39)を撃破。ここまで6戦4勝2敗で、5勝4敗(1不戦勝)で終わった昨年からの成長を見せつけている。原動力は大谷晋二郎(44)への秘めたる思いだ。「昨年は4連戦でゼロワンのトップ4人とやった。乗り越えたことで、レスラーとしてひと皮むけたんです。ただあそこで耕平選手と大谷選手に負けたのが心残り。耕平選手には雪辱を果たしたけど、大谷選手にもリベンジしたかった」

 昨年は7月16日のジェームス・ライディーン戦から、田中将斗、大谷、耕平の順で“死の4連戦”が組まれた。中でも耕平と大谷の試合は得るものが大きかったという。だが、大谷は今大会の出場を辞退。だからこそ岡本は「火祭り覇者になって、そのご褒美で大谷さんとシングルをやりたい」と決めている。

 先月5日には変形した右ヒジのクリーニング手術を受けた。大相撲時代に骨折した箇所で、可動域が狭くなっていたからだ。これも、すべて過酷なリーグ戦を戦い抜くための決断。火祭り刀に向けて一直線だ。

最終更新:7/19(水) 16:45
東スポWeb