ここから本文です

関東甲信など一斉に梅雨明け! 関東は2年連続少雨の梅雨に

7/19(水) 11:07配信

ウェザーニュース

本日7月19日(水)11時、関東甲信・東海・近畿・中国の梅雨明けが発表されました。
関東甲信では平年より2日、昨年より10日早い梅雨明けです。
この先1週間、各地で夏の日差しが降り注ぎ厳しい暑さが続きます。熱中症対策を万全にお過ごしください。
また、内陸ほど天気急変、ゲリラ雷雨の可能性があります。

とはいえ、あまり雨が降ったイメージが少ない関東、はたしてどれくらい降ったのでしょうか?

◆関東の雨量について
関東の降水量は平年の約66%。2016年は74%だったため2年連続の少雨の梅雨に。6割に留まったのは、2004年以来のことです。ただ、水源に近い、みなかみ・沼田は平年並みの雨量となっていて、利根川水系8ダムの貯水率は19日(水)9時現在、88.5%と概ね平年並みです。

◆各地の梅雨の振り返り

東海
平年より2日早い、昨年より9日早い

【雨量】
平年の7~8割
愛知県、岐阜県の一部で大雨に見舞われたものの、エリアが限定され、全体的に少ないままの状態です。

近畿
平年より2日早く、昨年より1日遅い

【雨量】
平年の7~9割
ここ数日、雷雨があるものの、少雨は解消されていません。

中国
平年より2日早く、昨年より1日遅い

【雨量】
平年の6割~平年並み
中国山地で平年の1.5倍くらい降っている所がある一方で、山陰とくに鳥取は平年比58%と少なくなりました。

ウェザーニュース