ここから本文です

消費者庁、景品表示法違反でガンホーとグリーに措置命令 「パズドラ」などで不当表示

7/19(水) 18:07配信

ねとらぼ

 消費者庁は7月19日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントおよびグリーに対し、景品表示法にもとづき措置命令を行ったことを明らかにしました。

【画像:グリーは年末年始のプレゼントキャンペーンで不当表示】

 問題となったガンホーのタイトルは「パズル&ドラゴンズ」「ディズニー マジックキングダムズ」の2本。「パズドラ」については、2016年11月に実装された「フェス限ヒロインガチャ」で、当初全キャラクターが「究極進化(レベルはそのままで性能だけパワーアップする進化)」すると発表されていたにもかかわらず、実際にはほとんどのキャラクターが(レベル1に戻る)通常の進化だったことが問題に。また「ディズニー マジックキングダムズ」では、キャラクターとジェムがセットになったパック商品について、実際には個別で購入した場合と変わらないにもかかわらず、セットで購入した方が得であるように表示していたことが問題となりました。いずれも景品表示法が定める「不当表示」にあたり、消費者庁は同社に対し、再発防止や従業員への周知徹底などを命じています。

 グリーについては、同社が2016年から2017年にかけて行われていた「超豪華プレゼント!年末年始キャンペーン」のフィーチャーフォン向け表示が問題に。カメラやゲーム機などの豪華賞品が抽選で当たるというもので、サイトではいずれの賞品も「当選本数100本」と書かれていましたが、実際の当選本数は5~30本と、表示よりも少ない本数となっていました。こちらもガンホーと同じく、再発防止や従業員への周知徹底などが命じられています。

最終更新:7/19(水) 22:57
ねとらぼ