ここから本文です

阪神・糸原が先制2点タイムリー 初勝利目指す同期入団の小野を援護

7/19(水) 18:46配信

デイリースポーツ

 「阪神-広島」(19日、甲子園球場)

 阪神が二回、糸原の右前適時打で2点を先制した。

 この回、先頭の福留が左前打で出塁。続く中谷がストレートの四球を選ぶと、鳥谷の一ゴロで二、三塁と好機を作った。ここで打席にルーキー。2-2から5球目、外角低めのフォークに食らい付くと、打球はしぶとく一、二塁間を抜けた。

 2安打2四球で、4出塁と活躍した前夜に続き、打撃は好調を維持。登板8戦目でプロ初勝利を狙う同期入団の先発・小野に、大きな援護点をプレゼントし「打ったのはフォーク。先に点を取って優位な展開にしたい場面でしたし、追い込まれてしまいましたが、内野も前進守備だったので、バットに当てれば何とかなると思っていました。抜けてくれて良かったです」と振り返った。