ここから本文です

おおたわ史絵さん、上西議員騒動に不快感「人の手をわずらわしては、立場的にいけない」

7/19(水) 18:13配信

スポーツ報知

 内科医で作家のおおたわ史絵さん(52)が、19日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に生出演。上西小百合衆院議員(34)のツイッターが炎上し、殺害予告を受ける騒動になったことに言及した。

【写真】上西議員、浦和サポからの襲撃予告は「共謀罪に当たる」と警察説明と述べる

 上西議員は15日、浦和が2―3で逆転負けしたドルトムントとの親善試合について「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイート。16日には「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とサポーターを批判するツイートをして炎上。殺害予告を受けたとして19日、会見を開き、同日午前に警察へ相談したことを明らかにした。被害届は後日提出する。

 おおたわさんは「ファンの人は、他人の人生に自分の人生を乗っけて、そこで自己実現を果たしたりするので『乗っけてんじゃねえよ』と言ってしまうと終わってしまう」と上西議員のツイートを指摘した。

 さらに「逆に上西さんだって、選挙で通って、彼女の人生に自分の人生を託して投票してくれた人がいっぱいいる。その人たちに『自分の人生乗っけてんじゃねえよ』と言っているのと同じだよ。気づかないのはまずい」と分析。上西議員が被害届を提出する意向について「被害届だすのはかまわないが、被害届を出すと、警察も仕事をしなければいけない。税金で働いているわけで、彼女の個人的なこういうことのために、人の手をわずらわしては、立場的にいけない」と不快感を示した。

 女優の美保純(56)は「男言葉を使ってみたくなっただけ『乗っけてんじゃねえよ』と言ってみて、ひとりで気に入っちゃった」と持論を語った。

最終更新:7/24(月) 11:59
スポーツ報知