ここから本文です

【MLB】ベテラン外野手のグラブを“葬式”に…メジャーで試合前に前代未聞の儀式

7/19(水) 7:12配信

Full-Count

青木も出席、2か月以上も守備についていないベルトランのグラブを…

 青木宣親外野手の所属するアストロズが17日(日本時間18日)、本拠地ミニッツ・メード・パークで行われたマリナーズ戦前に前代未聞の“葬式”を行い、大きな話題となっている。青木も出席した。ESPNが報じている。

【動画】メジャーで試合前に前代未聞の儀式…同僚がベテラン外野手のグラブを“葬る“

 試合前の本拠地の外野に、アストロズの選手が集まった。全員が厳粛な表情。ブライアン・マッキャン捕手は黒いローブに身を包み、まるで司祭のようだった。

 厳かな雰囲気の中、ピッチ上で行われた前代未聞のスタジアムでの葬式。ただ、そこで葬られたのは人間ではなかった――。

「カルロス・ベルトランは2か月以上、グラブを使っていない。だから、月曜日にヒューストン・アストロズはセンターに集合した。偽の葬式を行い、彼のグラブを安らかに横たえた」

 記事ではこう報じている。RIP(Rest in peaceの略で「安らかに眠れ」の意)と記された墓の模型に加え、棺桶の代わりに白い箱に入ったベルトランのグラブがフィールドに安置されると、選手は片膝を付き、冥福を祈った。青木もこの葬儀に参加していた。

指揮官は「完全に諦めたわけではない」

 ベルトランは全盛期にはセンター、近年はライトを定位置としてきたが、今季絶好調のアストロズでは指名打者としてプレー。メジャー通算2687安打、433本塁打、1573打点を誇り、ポストシーズンでは圧倒的な勝負強さを発揮してきた。引退後の米国野球殿堂入りの可能性も十分で、かつてゴールドグラブ賞にも3度輝いた名手だが、グラブはもはや不要とばかりに安置されてしまったようだ。

 もっとも、5月16日のマーリンズ戦以来、守備機会のないベルトランについて、A・J・ヒンチ監督は「彼らがグローブを外野で葬り去ってしまったけれど、私は(ベルトランの守備を)完全に諦めたわけではない」と語ったという。

 偉大なキャリアを過ごし、精神的支柱でありながらも、“いじられキャラ”としてチームの雰囲気を盛り上げるベルトランはこの日、「6番・DH」で先発。6回2死、一塁の場面で意地の2ラン弾を放ち、8回先頭打者としてヒットで出塁後、代走・青木と交代となった。

「バカげた葬式」とレポートされた前代未聞のセレモニー後の試合は結局、延長10回の死闘の末に7-9で敗戦。だが、アストロズはア・リーグ中地区で2位マリナーズに15.5ゲーム差をつけて首位を独走している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/19(水) 7:12
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/20(月) 15:50