ここから本文です

事件対応のカギ 県警 通信指令スキル競う/富山

7/19(水) 19:56配信

チューリップテレビ

 事件や事故が起きたとき、警察による初動対応のカギとなる無線での指示、連絡技術の競技会が県警察本部で開かれています。
 この競技会は事件や事故が起きたとき、初動対応のカギとなる無線での指示や連絡技術の速さと正確さを各警察署ごとに競うものです。

 19日は「女性の悲鳴と争うような声が聞こえた」という110番通報があったとの想定で『司令塔』となる署内の通信指令担当が現場や県警本部に連絡。
 事件現場に見立てた別室では警察官が目撃者から情報を聞き、それを無線で伝達して次の指示に従うという手順どおりに進めていました。
 県内の刑法犯認知件数は15年連続で減少していますが、県警はこのような競技会を通して緊張感を保ち、県民の安心安全を推進したいとしています。

チューリップテレビ