ここから本文です

Targetがデータ漏洩に対して1850万ドルを支払うことに合意

7/19(水) 11:32配信

THE ZERO/ONE

米国の小売業大手のTargetが2013年に被害を受けたデータ漏洩に関して47州の司法長官と和解し、1850万ドルを支払うことに合意した。

2013年の伝統的なホリデーショッピングシーズン中にTargetの顧客のクレジットカードとデビットカードのアカウント約4000万件が盗まれた。

同社は顧客に発生したコストを補償し、消費者にもたらした損失を補償する意向だ。

Targetは、調査に関与した全ての州司法長官に全金額を支払うことになる。イリノイ州司法長官には120万ドル、同社に対する法的措置を主導したコネチカット州司法長官には約100万ドルが支払われる予定だ。
合意文書によると、Targetは顧客保護のための情報セキュリティプログラムの実装を受け入れた。

「Targetは本合意文書発行日から180日以内に包括的な情報セキュリティプログラムの開発、実装、維持をしなければならない。この情報セキュリティプログラムは、顧客から収集・取得した個人情報の安全性、完全性、機密性を保護するために十分な設計がされるべきものである」と合意文書に記載されている。

この情報セキュリティプログラムは下記の条件を満たす管理上、技術的、物理的な保護措置を含む必要がある。

・TARGETのオペレーションの規模や複雑さ
・TARGETの活動の性質や範囲
・TARGETが管理する個人情報の重要性

同社は自分たちの顧客を保護するために、ネットワークセグメンテーションやアクセスコントロール、マネージメント、ファイルの完全性のモニタリング、ホワイトリスト登録、ログ、変更の管理、支払いカードセキュリティ技術の採用などの更なる対策を採用する。

合意書では、第三者が同社のシステムのサイバーセキュリティを査定しなければならないということが規定されている。それと同時に同社は、協力関係にあるベンダーや下請けの監査もしなければならない。Targetの支払いシステムを攻撃したハッカーが侵入ポイントとして空調の受託業者を使ったことを思い出していただきたい。

Targetは昨年、データ漏洩によって2億9000万ドルのコストがかったことを認めた。同社はVISAカードの発行会社に6700万ドル、マスターカードの発行会社には1900万ドル、銀行や信用組合に2000万ドル以上、被害を受けた顧客に1000万ドルを支払っている。
 
翻訳:編集部
原文:Target agreed to pay $18.5 Million over 2013 data breach
※本記事は『SecurityAffairs』の許諾のもと日本向けに翻訳・編集したものです。情報・データはSecurityAffairsが公開した当時のものです。

Security Affairs

最終更新:7/19(水) 11:32
THE ZERO/ONE