ここから本文です

大雪の倒木を建設業者がボランティアで撤去

7/19(水) 14:36配信

両丹日日新聞

 農業用水路への倒木に困っていた京都府福知山市の北山地区(足立敏則自治会長)で、北本町二区の総合建設業、高見組(高見伸哉代表取締役)が倒木撤去のボランティア活動に取り組んだ。地元の人と一緒に、社員らがチェーンソーやノコギリなどを使って作業をした。

 京都府の「中丹ふるさとを守る絆ネット支援事業」の一環。北山では6年前から、高見組が草刈りや水路の土砂さらいなどを手伝っている。

 作業は15日にあり、地元の13人に加え、高見組から15人と府中丹広域振興局から1人が参加。4カ所に分かれ、今年初めに降った大雪で倒れた木を、手際よく切り出していった。

 足立自治会長は「毎年、地域の維持活動の手伝いをお世話になっており、とてもありがたいです」と喜んでいた。

両丹日日新聞社

最終更新:7/19(水) 14:36
両丹日日新聞