ここから本文です

ソニー、日本語表示の据え置き型&名刺サイズのラジオ2機種発表

7/19(水) 18:24配信

Stereo Sound ONLINE

名刺サイズのSRF-T355には、充電池&充電台のセットモデルも登場

 ソニーから、ポータブルラジオの新製品「ICF-506」と「SRF-T355」が8月5日に発売される。価格はオープンで、想定市場価格はICF-506が5500円前後、SRF-T355が1万円前後。

 据え置き型のICF-506は、ACアダプターが付属する上、市販の乾電池(単3×3本)でも駆動可能なモデルだ。アナログチューニングのFM/AM(ワイドFM対応)チューナーを内蔵し、選局できたことを知らせる同調ランプも備えている。使いやすさを重視し、選局/ボリュウムノブを大型化、本体各所の表示は日本語表記を採用した。

 100mmコーン型フルレンジスピーカー1基を搭載し、パワーアンプの出力は640mW。ヘッドホン端子(3.5mmステレオミニ)も装備する。

 SRF-T355は、名刺サイズのカードラジオ。デジタルタイプのFM/AM(ワイドFM対応)チューナーを内蔵する。簡単に選局できるジョグレバーに加えて、天板には10個のダイレクト選局ボタンを採用した。バックライト付き大型液晶ディスプレイは4行の日本語表示に対応し、受信中のラジオ局名も知らせてくれる。時計表示と、めざまし機能も備える。

 本体にはモノーラルスピーカーを内蔵する上、ヘッドホン端子(3.5mmミニ)を装備。片耳タイプのイヤホンが付属する。なお、端子自体はステレオ出力に対応している。

 SRF-T355は、単4乾電池×2本が付属するが、バリエーションモデルとしてSRF-T355本体と単4ニッケル水素充電池×2本、充電台をセットにした「SRF-T355K」もラインナップ。こちらも8月5日の発売で、想定市場価格は1万3500円前後。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:7/19(水) 18:24
Stereo Sound ONLINE