ここから本文です

ハメスは不発だったミュラーの代わりじゃない! アンチェロッティ「誰かの代役で獲ってはいない」

7/19(水) 10:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ミュラーを擁護

今夏レアル・マドリードからレンタルという形でバイエルンに移籍したMFハメス・ロドリゲスは、攻撃的な位置であれば中央とサイドの両方をこなせる選手だ。それもあってか、2016-17シーズンに不発だったFWトーマス・ミュラーの代役ではないかといった意見もあるようだ。

チェルシー、マンU、来季のUCLは超ハイレベル!

しかし、指揮官カルロ・アンチェロッティはこの意見を否定している。英『Daily Mail』によると、アンチェロッティはハメスを優秀な選手と称えながらも、誰かの代わりとして獲ったわけではないとコメントしている。

「もちろん我々はハメスをミュラーの代役として獲得したわけじゃない。その考え方なら、ハメスはチアゴの代わりと考えられるかもしれない。彼は中央でプレイできるからね。他にも左右のサイドができるところからロッベン、リベリの代役と考えられるかもしれない。だが我々は誰かの代わりにハメスを獲得したわけじゃない。良いチームにするためハメスを獲得したんだ。彼は良い選手だ。私は彼のクオリティを知っている。彼はチームを助けるだろう」

インサイドハーフ、ウイングとハメスは複数の役割をこなせるが、果たしてアンチェロッティはどこで起用する考えなのか。ベストポジションがトップ下なだけに、アンチェロッティの采配には注目が集まる。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報