ここから本文です

ワンオクTAKA「ボク歌手になりたい」 突然の告白に母・森昌子は戸惑い

7/19(水) 14:52配信

トレンドニュース(GYAO)

人気ロックバンドONE OK ROCK(ワンオクロック)のボーカル・TAKAの母親でもある女優の森昌子が、7月18日深夜放送のテレビ東京系「チマタの噺」に出演。息子TAKAについて語った。

【無料配信】「チマタの噺」配信中>>

森は同じ年に芸能界デビューした、MCの笑福亭鶴瓶とフリートークを繰り広げた。子供のひとり暮らしの話題になると、森は「3人とも、18歳で全員外に出したんですよ。『家賃は母さんが出してあげる。その代わり、自分のお小遣いとか好きに使いたいお金は自分でアルバイトしてやりなさい』っていう風に」と、独自の子育て方法を明かす。

鶴瓶も「子供3人育てたのは、すごいと思いますよ」としつつ、「えらい育ってまんな。あの子(長男)」と、話は自然とTAKAに関する話題に。すると森は「私は、なるべくそっち(ミュージシャン)の方向じゃないようにないように育ててきたつもりだったんですけど、ある日、中学の終わりくらいに突然、『ボク、歌手になりたい』って言い出して。『ちょっと待ってよ、一日考えさせて』って」と、突然の告白に戸惑った当時を振り返った。

森は「次の日に『本当にやりたいの?』って言ったら、『やりたいです』って言われたんで、『やるんだったら本気でやんなきゃダメだよ』と言った記憶がありますね」と、最後はTAKAの背中を押したよう。さらに森は「幸せだと思いますよ。自分の好きなことをやって、応援していただいて、こんなに幸せなことはないと思います」と、TAKAの現状について感慨深げに語った。

(文/沢野奈津夫@HEW)