ここから本文です

関東甲信、東海、近畿、中国、四国が梅雨明け

7/19(水) 11:02配信

ウェザーマップ

 19日午前の関東甲信、東海、近畿、中国地方に続き、午後1時半には四国でも梅雨明けしたとみられると発表があった。関東甲信、東海、近畿、中国地方は平年より2日早く、四国は平年より1日遅い梅雨明けとなった。

 きょうは東日本を中心に晴れている地域が多く、近畿や東海で最高気温が35℃前後と厳しい暑さとなる見込み。気温の上昇により、夕方以降は所々でにわか雨や雷雨があるものの、向こう1週間は高気圧に覆われて真夏の晴天が多くなる見通し。なお、梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間がある。
 
 一方、九州北部は熊本県を中心に19日夜の初め頃まで大気の状態が不安定で、この方面は局地的に激しい雨や落雷、突風が起こるおそれがある。

最終更新:7/19(水) 13:45
ウェザーマップ