ここから本文です

ナイツ土屋、恋人のいる女性に恋した過去を語る

7/19(水) 11:00配信

AbemaTIMES

 『最上もがのもがマガ!』で、でんぱ組.inc・最上もがとナイツ・土屋伸之が、恋愛研究者のANNA(アンナ)さんから、“自身の恋愛体質”についてのチェックを受け、土屋の過去の辛い恋愛経験が明らかになった。

 「まずは自分の恋愛体質がどんなものかを知らなければいけない」と語るANNAさんは、「恋愛に関するいろいろなチェック」を用意。これはANNAさんからの質問に○×で答えていく方式で、「恋愛における不器用さ」をチェックした。

 「気になる異性に好きな人がいたら諦める」という項目に「うーーーん」と悩む最上。「好きな人によるんですよね。自分の友達を好きとかだったら、諦める。そうじゃないパターンだったら、結婚していなかったら諦めません!」とシチュエーションを想像して回答した。

 これに対し、土屋は「僕はもう諦めますね」ときっぱり。「20代中盤くらいからこういうことは諦めようと決めています」と、意味深な発言を繰り出した。これに最上は食いつき、「なんでですか?あったんですか?そういうことが」と質問。土屋は「中途半端な立ち位置の人を好きになったことがあって。彼氏と別れる別れないとかあって、一生懸命(振り向いてもらおうと)やっていたんですけど、結局そっち行くんだ…みたいなことがあって」と、恋人のいる人を好きになった辛い恋愛経験を語った。

 この話を聞いた最上は「自分への気持ちがないとはっきり分かってたら諦めます。辛いもん!そっからこの人を自分のことを好きにさせるっていう根性はないです」と、自身の場合を想定。しかし、土屋は「でも相手もずるいんですよ。『今が狙い目だよ』みたいなアピールをしてくるんですよ」と、相手のいる人の常套手段を説明。最上は「そういうのには弱いかも」と苦い顔を浮かべていた。

(AbemaTV/『最上もがのもがマガ!』より)

最終更新:7/19(水) 11:00
AbemaTIMES

Yahoo!ニュースからのお知らせ