ここから本文です

市川で「不発弾」騒ぎ 行徳署

7/19(水) 9:05配信

千葉日報オンライン

 千葉県市川市相之川2のアパート跡地で18日午後1時ごろ、整地作業をしていた男性から「不発弾と思われるものを二つ発見した」と110番通報があった。

 行徳署によると、見つかったのは円すい形で直径約18センチ、長さ約40センチ。写真撮影し県警本部を通じて自衛隊に確認してもらったところ、雷管がついておらず、中身はコンクリートとみられ爆発の危険性はなく、同署員が撤去した。旧日本軍の訓練弾と思われるという。

 同署は午後3時まで約1時間半、半径200メートルを一時立ち入り禁止とした。住民約30人が南行徳小の体育館に避難した。