ここから本文です

「日本のロボアドバイザー市場は2020年に5兆円」シェア拡大目指す国内企業が集結

7/19(水) 21:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

アルゴリズムを使って資産運用の助言を行うロボアドバイザー(ロボアド) ー 国内では17社程度が現在までに、このサービスを始めている。

【画像】ロボアドバイザーを運営する13社が7日、東京・大手町に集まった。

国内のロボアド13社は7月7日、東京・大手町に集まり、約1800兆円にまで膨れ上がった家計金融資産を誇る日本の「貯蓄から投資へ」の流れをロボアドに引き込もうと、各社が提供するサービスを披露した。

ロボアドバイザーのスタートアップで、ウェルスナビCEOの柴山和久氏は、「ロボアドが運用する日本の資産残高は、2020年までに5兆円程度に拡大するだろう。その頃にウェルスナビの運用資産を1兆円規模にしたい」と語った。

ウェルスナビのロボアドを利用している柴山氏は、口座の残高を示すページをスマートフォンに表示しながら、同社のサービスについて説明。「自分のお金の管理はAI(人工知能)に任せる時代がきっと来ると思います」と話した。

また、「日本市場でロボアドの利用者が増加すれば、既存の金融機関は自前のロボアドを積極的に活用するだろう」と、業界が成熟するにつれ、金融機関やスタートアップのパートナーシップが進むとの考えを示した。

10年先を走るアメリカ

一方、ロボアド発祥の地・アメリカは、この業界の成長と変化のペースを速め、日本のはるか先を走っている。

アメリカでは、10年以上前に数々のロボアド・スタートアップが生まれ、顧客の数を増やしてきた。巨大な資産を運用する老舗の金融大手も早くから導入し、伸びる市場でのシェア争いを続けてきた。大手資産運用会社がベンチャー企業を買収するなど、業界再編の動きも始まっている。

日本のGDPに等しい500兆円規模の資産を運用するブラックロック(BlackRock)は2年前、独立系のフューチャー・アドバイザー(FutureAdvisor)を買収している。ロボアドに力を入れるライバルのバンガードやチャールズ・シュワブとの競争に打ち勝つ一手だ。

新規参入企業も攻めの姿勢を変えない。2008年創業のスタートアップ、Betterment(ベターメント)は昨年、その運用資産を独立系では初の50億ドルの大台に乗せた。Bettermentは、ゴールドマン・サックスやクレディ・スイス・グループでの経験を持つベテラン、エイミー・シャペロ(Amy Shapero)氏をCFOとして迎え入れ、さらなる拡大を狙う。

A.T. カーニー(A.T. Kearney)がまとめたレポートによると、アメリカでは2020年までに運用資産の5.6%をロボアドバイザーが運用すると予測。35歳以下で、比較的若い投資家は、ロボアドを積極的に活用する傾向にあり、高齢者による利用の増加は期待できないだろうと、同レポートは述べている。

国内のロボアド企業が7日に共同開催したメディア説明会に参加した企業は、以下の通り。

1.ウェルスナビ
2.エイト証券
3.お金のデザイン
4.カブドットコム証券
5.財産ネット
6.松井証券
7.マネックス証券
8.マネックス・セゾン・バンガード投資顧問
9.みずほ銀行
10.三菱UFJ国際投資株式会社
11.三菱UFJモルガン・スタンレー証券
12.楽天証券
13.ロボット投信

(出所:ロボアドバイザー合同記者レク実行員会)

最終更新:7/19(水) 21:10
BUSINESS INSIDER JAPAN