ここから本文です

Goodbye holiday「絶対好きな曲があるはず」四重奏の自信作/インタビュー

7/19(水) 17:02配信

MusicVoice

 広島出身4人組バンドのGoodbye holidayが7月19日に、2ndメジャーフルアルバム『A LA QUARTET』をリリースする。2008年に広島で結成され2015年に「革命アカツキ」でメジャーデビュー。メンバーは児玉一真(Vo、Gt)、福山匠(Ba)、大森皓(Gt)、山崎晃平(Dr)の4人編成。今作は「4人の自己プロデュースで良いものが出来たことが自信になった。好きな曲を一品選んで下さい、絶対あなたの好きな曲があるはず」という想いから“アラカルト”と“カルテット(四重奏)”を併せ持った造語で『A LA QUARTET』と名付けられた自信作。バンドの王道路線をブラッシュアップした「夏の彗星」や新境地となる「room」の制作背景など、児玉と福山の2人に話を聞いた。

映画のタイトルを合体させた

――メジャーデビューをされて2年が経ちますね。何か変化はありましたか?

児玉一真 この2年間あっという間でした。色々と大変なこともありつつ…。自分達の思っているように、まだ行っていないというのが現状です。現状でもっと売れておきたかったという思いがありまして…。

――様々なタイアップもあり、バンドの知名度は高いと思いますが。改めて結成の経緯はどのようなものだったのでしょうか?

児玉一真 結成の経緯は僕と福山(匠)が同じ歳で、しかも大学が一緒でそこで結成しようということになりました。今とは別の同じ歳のギター担当が当時はいて、そこにドラムの山崎晃平が入りました。彼は高校の後輩で、僕達の2つ年下です。僕らが新しくバンドを始めるにあたって、ドラムを探しているということを聞いたらしく、「一緒にやってくれませんか?」と声をかけられて4人で始めました。

 そこから山崎が先に大学進学で東京に行きまして。僕らは広島に残っていたのですが、その2年後に僕らは大学を卒業して、2人で東京に行きました。当時のギターは理由あって東京には行けなくて。そのタイミングで「いいギターがいる」と山崎の紹介で大森(皓)にバンドへ入ってもらったのが、2009年です。そして、その4人で東京での活動を開始しました。

――Goodbye holidayというバンド名は既に広島の頃から?

児玉一真 そうです。バンド名の由来は、あまり気取っていない自然体のバンド名がいいということでした。福山がよく映画を観るのですが、「観た映画リスト」があって、その中から良さそうな言葉を探して合体させました。

――ちなみに何と何の映画を合体させたのでしょうか?

福山匠 『グッバイ、レーニン!』と、キャメロン・ディアス主演の『ホリデイ』です。まず“グッバイ”という響きが何か良いというのと、“ホリデイ”が合うということで。

――何か後づけで意味を込めようとはしませんでしたか?

福山匠 「俺達に休日はいらねえ」みたいな?(笑)。周りから勝手に言われたりしましたが、自分達で後づけということはなかったです。

――メジャーデビューのきっかけは?

児玉一真 東京に出てきて自分達だけでやっていたのですが、次の年くらいに今の事務所から声がかかりまして。そこで全国流通盤を出したりしていって、そこからライブ活動も頻繁になってきました。そして今のレーベルに声をかけられまして。

――東京に来てからはトントン拍子だったのですね。広島と東京とでは音楽の違いについてどう感じますか?

児玉一真 今はどうか分かりませんが、僕達が東京に出てきたばかりのときは、東京の方がずっとレベルが高いと思いました。広島だったら、当時自分達で曲を作ってやっているバンドなんてほとんどいませんでした。だから、僕らも大学の頃はそんなにガッツリと活動できていなくて、サークルの演奏会に出たり、という感じでした。バンドシーン自体そんなに盛り上がっていませんでしたし。

――それはちょっと意外ですね。奥田民生さんの出身地であったり、バンドシーンなどは活発という印象を持っていました。Goodbye holidayの武器はどこだと思いますか?

福山匠 歌だと思います。

――児玉さんは小さい頃からずっと歌を歌っていたのでしょうか?

児玉一真 幼少期は覚えていないのですが、学生時代は歌うことが大好きでした。中学生の頃はカラオケにもよく行っていました。その頃はBUMP OF CHICKENさんがメチャクチャ好きで、弾き語りでコピーをしていました。カセットテープに録って自分で聴いて「もうちょっとこうした方がいいかな…」という感じで、楽しんでいました。

1/5ページ

最終更新:7/19(水) 17:02
MusicVoice