ここから本文です

ウィンブルドン4強のコンタが大会初出場へ [東レPPOテニス]

7/19(水) 21:05配信

THE TENNIS DAILY

 9月16日から24日まで、東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コートで開催される国内最大級の国際女子トーナメント「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2017」(通称、東レPPOテニス/WTAプレミア)に、ジョハナ・コンタ(イギリス)が出場を表明したと、大会実行委員会が発表した。

コンタが勝利を挙げるたび、“テニスの歴史“を知る [ウィンブルドン]

 コンタは先週末に終了した「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/グラスコート)で初めて準決勝に進出し、元世界1位のビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)に敗れた。この結果、コンタは世界ランク自己最高を更新し、4位となった。すでに歴代23人目の世界ナンバーワンの座に就いたカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、同3位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)が参戦を表明しており、トップ5から3人目の出場が決まったことになる。

 昨年大会は、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が日本の大坂なおみ(日清食品)を決勝で下し、大会2度目の優勝とキャリア25勝目を飾った。

     ◇   ◇   ◇

【東レPPO歴代優勝者(過去10年】

第33回(2016年)カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)
第32回(2015年)アグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)
第31回(2014年)アナ・イバノビッチ(セルビア)
第30回(2013年)ペトラ・クビトバ(チェコ)
第29回(2012年)ナディア・ペトロワ(ロシア)
第28回(2011年)アグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)
第27回(2010年)カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)
第26回(2009年)マリア・シャラポワ(ロシア)
第25回(2008年)ディナラ・サフィナ(ロシア)
第24回(2007年)マルチナ・ヒンギス(スイス)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 07: Johanna Konta of Great Britain acknowledges the crowd as she celebrates victory after the Ladies Singles third round match against Maria Sakkari of Greece on day five of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 7, 2017 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7/19(水) 21:05
THE TENNIS DAILY