ここから本文です

「海の幸」味わって 千葉県が直売所マップ 27店紹介

7/19(水) 10:28配信

千葉日報オンライン

 千葉県は、県内の水産物直売所や魚介料理の飲食店などを紹介する小冊子「水産物直売所マップ」2017年度版の配布を始めた。

 県水産物の消費拡大を狙い、13年度から毎夏に配布。本年度版は24ページのカラー刷りで、「北総・銚子エリア」「九十九里・外房エリア」「内房・南房総エリア」「東京湾エリア」に分けて計27店を紹介している。

 店舗の所在地や営業時間、商品の写真などを掲載。今年は新たに「道の駅季楽里あさひ」(旭市)や「道の駅発酵の里こうざき」(神崎町)も加わった。

 県水産課は「夏休みを利用して県外や県内都市部の方に千葉県の海の幸を味わってほしい」と話す。

 12万部を用意。圏央道の開通を受け、今年から栃木、群馬を加えた1都6県の高速道路サービスエリア・パーキングエリアや道の駅、JR主要駅など329カ所で配布する予定だ。県ホームページで電子ブック版の閲覧やPDF版のダウンロードもできる。